トップページ > BSACとは > 基本理念

BSACとは

基本理念

SAFETY-FIRST 安全はすべてにわたって優先する

すべてにわたって優先する安全性。

設立当初から常に一貫して私たちBSACが掲げている「水中での探検、科学、スポーツなどの活動と、それらの安全性を促進する」という基本理念。
この理念を遵守し、「Safety First=安全はすべてにわたって優先する」というポリシーは、私たちBSACのすべての活動の根幹をなすものです。
私たちが提供する技術も知識も器材も、すべてこの「安全最優先」というポリシーのもとに構築されています。ダイビングで当然抱えているリスクを、いかにダイバーの自己責任において回避し、安全に、計画的に、実行していくかということをダイバーと共有し、より豊かなダイビングの世界を創造していきます。

TRAINING 日々進化するトレーニング

常に向上をめざす
「プロフェッショナルインストラクター

私たちが考えるインストラクターの定義は、常に発展と向上をめざす「プロフェッショナルインストラクター」であることです。BSACでは、常にインストラクターの質的向上をめざして、徹底したインストラクター教育を行っています。インストラクターが、もっとも効果的な方法でインストラクションを行うことで、ダイバーの安全で楽しいダイビングにつながると考えます。新しい器材、技術の進歩、そしてダイビング環境。その変化に対応していかなければ、当然、指導効果が減退し、指導を受けるダイバーにとって不利益となります。
日進月歩するさまざまな技術を絶えず学び続け、自らの能力をさらに向上させる方法を知っている優れたインストラクターの育成に努めています。
もし皆様が2回、3回と同じ海に訪れたとしてもBSACインストラクターは常に新しい感動を提供してくれます。そしてより安全で、より素晴らしい海の世界に皆様をいざなってくれることでしょう。

COMMUNITY DEVELOPMENT 安全を優先した日本独自のプログラム

日本にあった独自のプラグラム開発。

私たちBSACは、ダイバー個々のレベルに応じてさまざまなトレーニングプログラムを提供しています。
安全を最優先した独自のプログラムに従い、必要な経験を積んで、安全に手順を踏めば、海は素晴らしい感動を与えてくれます。そのためにダイバーは、それぞれの技術と経験の拡大と同時に、知識もひとつひとつ増やしてしていかなければいけません。
陸上と水中環境の変化などに対処する際の必要な知識や経験を得るための初期トレーニングから、より高度なテクニックの修得に至るまで、私たちの住む日本にあったプログラムを作成しました。それは、海外で作成されたプログラムとは違い、日本にあった環境でのダイビング指導を行う事により、さらにダイバーの安全と技術向上をサポートします。「人間が海に入るには潜在的にリスクがある。」 その前提をしっかりと念頭に置き、スクーバダイビングの限界を教え、その範囲内でレクリエーショナルダイビングが楽しめるダイバーの成長をバックアップしています。

ECOLOGY いつまでも美しい海を楽しむために

ダイバーのための 地球のための 環境保護。「KEEP OUR OCEANS ALIVE !!」

スクーバダイビングを楽しむために、そしてなにより、いつまでも美しい海を楽しむために、海の環境保護への取り組みも私たちBSACは重要な使命のひとつです。
スクーバダイビングの技術を磨き、素晴らしさを伝えていく事と同時に、ダイバーの環境保全の意識をいかに高めていくかが大切であると考えます。
つまり、楽しむことと同時に、水中環境の大切さをしっかりと啓発していく。
ダイバーの経験不足、知識不足の不注意による水中での多くの無意味な破壊を回避し、海に生息する貴重な生命を傷つけることなく将来にわたって守っていく。
生物の保護・観察や清掃などの水中環境保護をダイバートレーニングの重要な1部分と位置づけ、積極的に活動を続けていきます。