トップページ > コース紹介 > ダイブディレクター

コース紹介

DIVE DIRECTOR ダイブディレクター

このコースの目的は、ダイブディレクターがBSACの各種トレーニングコースの正規アシスタントあるいはガイドとして活動するために必要な知識・技術を修得させ、経験を積むことにあります。実際のダイビング活動に従事することを前提とし、異なるダイブサイトや異なる状況下で行われるダイビングを計画し、安全を確保できることが求められます。
このためダイブディレクターはオーシャンダイバーコースやオーシャンダイバープラスコース、スポーツダイバーコースなど多様な状況で、インストラクターのアシスタントとして活動することが要求されます。こうして多様な環境でのダイビングの実態に精通し、多くのダイバーに接し、よきリーダーとなることを目的としています。
DIVE DIRECTOR

コース概要 このコースでは、ダイブディレクターがBSACの各種トレーニングコースの正規アシスタント、あるいはガイドダイバーとして活動するために必要な技術、知識を修得し、実際の経験を積むことになります。
異なるダイブサイトや、異なる状況下で行われる安全なダイビングを計画する能力も養います。多くのダイバーと接し、良きリーダーとなることができます。
受講資格 ダイブリーダーの認定を受けていること、または、他団体において同等レベルの認定を受けていること。
満17歳以上(未成年の場合は保護者の承諾が必要)
講習内容 ・オリエンテーション 学習講習 テスト60問 レポート
・泳力評価
・オープンウォータートレーニング 20回
・アドバンスダイバーに認定されている場合は5回の潜水
活動範囲 アクティブステイタスを持つことにより、BSACコースの正規アシスタントとして活動することができます。また、独自でBSAC規準内での体験ダイビング、ファンダイブを開催することが可能となります。