トップページ > コース紹介 > ダイブリーダー

コース紹介

DIVE LEADER ダイブリーダー

このコースの目的は、ダイビングチームリーダーとしてのリーダーシップの実践と、緊急時に備えた救助と処置に関する知識と技能を養成することです。このコースでは受講生にダイビングに潜在しているリスクを教え、効果的な対処に必要な技術の訓練を行ないます。また、コース内に含まれるリーダーとしてダイビング経験を積むプログラムでは、スポーツダイバーコース、オーシャンダイバープラスコース、スキルディベロップメントコース、ファンダイビングでのセーフティダイバーとして活動し、ダイビング経験を増やすとともにリーダーシップ活動の最初のページを開くことになります。認定後は、ダイバー自身のみならずバディはもとより同じチームあるいは、同じボードでダイビングする際に他のダイバーのリスクを自身のリスクとして考えられるダイバー育成を目的としたコースです。 DIVE LEADER

コース概要 このコースでは、ダイビングに潜在しているリスクを理解し、効果的な対処に役立つ知識を身につけダイビングにおけるトラブルの予防と対処に必要な技術のトレーニングを行います。
また、様々なコースのセーフティーダイバーとして活動し、リーダーシップ活動の最初のページを開くことになります。
受講資格 スポーツダイバー以上でSDC CPR-AEDの認定を受けていることまたは、他団体において同等レベルの認定を受けていること 満15歳以上(未成年の場合は保護者の承諾が必要)
講習内容 ・オリエンテーション 学習講習 テスト60問 レポート
・オープンウォータータイブ 10回
ダイバー自身のみならず、バディはもとより同じチームあるいは同じボードでダイビングをする際に、他のダイバーのリスクを自身のリスクとして考えられるようになります。