ダイビングスポット

●鵜来島

鵜来島 鵜来島 鵜来島


鵜来(うぐる)島は、高知県宿毛(すくも)市の沖合にある島で、高知県の最西端に位置し、足摺(あしずり)宇和海国立公園に指定され、自然あふれる島です。島は、面積/1.3km 周囲/6.7kmと小さく、標高252mの龍頭山があります。平地がほとんどないため車の通れる道路はなく、山の斜面に石垣を築きその上に家々が建っていたり、段々畑で野菜などを作っていたりといった島民の方の生活風景を見ることが出来ます。また、磯釣りでも有名で、メジナ(グレ)などを狙いに多くの釣人が渡船で渡って来ます。
黒潮の通る海域なので、紺碧の海が広がり、良い時は透視度50mオーバーになることもあります。島周りや少し沖にある水島群島、姫島に約45カ所以上のダイビングポイントがあります。大きな根が点在し、ダイナミックな地形、サンゴが群生し、多種多様な熱帯魚や回遊魚などに出会える素晴らしい海なので、年々訪れるダイバーが増えています。昨年国土交通省の認定する『島の宝100景』にも選ばれ、多くの美術学生などが訪れたり観光や自然体験など様々な趣向で島が盛りたてられています。
LMマリンでは、広島港から佐田岬を通り、鵜来島までダイビングクルーザーで約5時間半、サンデッキからみる眺めは最高で、イルカの群れに遭遇することもあります。また、少人数などでしまなみ海道を通り、松山道から片島へ行き、鵜来島へ渡る車便の場合は、約6時間半。山並みの景色を楽しみ、お土産を買うのを楽しみながらのツアーもなかなか楽しいです。
LMマリンでは、地元の海を知り尽くした漁師さんの船でダイビングポイントへ行くので、そのネットワークを使って海の情報(潮流や透視度)・その日のベストなポイントで潜ることが出来ます。
イサキ釣りの名人でもある漁師さんがいつも旬のお魚を釣ってふるまってくれます。イサキはもちろん、季節に応じて、カツオやマグロ、アオリイカなど。アフターダイビングの夕食は、活きのいいお魚フルコースにビールや焼酎などお好きな飲み物で豪華な晩餐会となります。
無料でトローリングや釣りも楽しめ、トローリングでシイラやカツオなどが釣れ、イサキやアオリイカ釣りなどを体験することが出来ます。もちろん釣った魚は、お土産で持って帰れます(これも無料)。

グループ・ショップ様でのご参加も大歓迎です。
詳しくは、リンク先ホームページまでお問い合わせ下さい。

【右写真解説】
左・・鵜来島の風景
中・・漁師さんの船 第八喜久丸
右・・港内で見る事ことができるアイドル 全長1mの大ヒラメ

鵜来島の新着情報

BSAC全国ダイビングスポット