ダイビングスポット

●渡嘉敷島

渡嘉敷島 渡嘉敷島 渡嘉敷島

沖縄の本島から西へ約30kmの沖合に点在する島々の事を慶良間(ケラマ)諸島と呼び、その中の島でも、渡嘉敷(とかしき)、座間味(ざまみ)、阿嘉(あか)、慶留間(げるま)に人が住んでおり、その海は非常に透明度が高く、美しいサンゴ礁が広がっています。
 渡嘉敷島の阿波連ビーチや、とかしくビーチなどが有名でスノーケリングや他のマリンアクティビティーも開催されています。また外洋へのアクセスも近く、大物の回遊魚が頻繁に見られます。
 那覇の泊港から毎日定期船が出ており、簡単にアクセスできます。高速船で35分程度、フェリーでは1時間10分程度です。夏場は予約を入れておいた方がいいでしょう。あと海況によっては欠航になる事もあるのでご注意ください。

BSAC全国ダイビングスポット