BSAC JAPAN

環境保全活動

スクーバダイビングを楽しむために、そしてなにより、いつまでも美しい海を楽しむために、海の環境保護への取り組みも私たちBSACの重要な使命のひとつです。

  • 国際サンゴ礁年2018

    国際サンゴ礁年2018は、サンゴ礁生態系保全の国際協力の枠組みである国際サンゴ礁イニシアチブ(ICRI)が、2018年を3回目の「国際サンゴ礁年」に指定すると宣言したことに基づき、サンゴ礁生態系の価値やそれを取り巻く脅威について普及啓発し、一人一人の行動を促すための世界規模のキャンペーンで、各国において、政府・民間・学術団体・市民社会のパートナーシップの向上、効果的な管理戦略の実施、持続可能な管理に関する情報共有等を推進することが奨励されています。

    国内でも、幅広く多様な主体とのパートナーシップにより、これらの活動を促進・展開していきます。facebookを通じてこれらの情報発信及び共有をしながら、国際サンゴ礁年2018オフィシャルサポーター同志のさまざまな企業・団体がつながり、広がり、支え合い活動を展開していきます。

  • オフィシャルサポーター

    国際サンゴ礁年2018の趣旨に沿って保全や普及啓発の活動、又はその支援を行う企業等を『国際サンゴ礁年オフィシャルサポーター』として環境省が任命する制度。BSAC JAPANも国際サンゴ礁年2018オフィシャルサポーターとして任命されています。

    国際サンゴ礁年2018任命書
    関連リンク
  • 国際サンゴ礁年2018のキャッチフレーズ

    「人とサンゴ礁、人と人がつながり、活動が広がり、支えあう!」事を今年のキャッチフレーズとして念頭に置いて活動を広げて行きます。

  • リーフチェックのサポート

    BSAC JAPANでは、一般レジャーダイバーと海洋学者、地元の人々が協力して行うサンゴ礁の健康調査『リーフチェック』を2006年から10年以上サポートしてきました。日本全国で活動するBSAC JAPANの加盟店がリーフチェック中心となって、研究者の参考データとしても活用されています。

  • 開催ショップ
    本年度新たに開催予定
  • サンゴマップキャンペーン

    市民参加型のサンゴ調査である『サンゴマップ』への登録・投稿を広める為のキャンペーンで、多くのBSAC加盟店も『サンゴマップ協力店』としてこれに参加する予定です。国際サンゴ礁年の今年、「自分も何か活動に関わりたい」という方は、是非このサンゴマップへの登録と投稿にご協力ください。こちらはダイバーだけではなく、スノーケリングを楽しんでおられる方も投稿が可能です!投稿頂いた方には、素敵なプレゼント(ログブックデータ)が貰えます。

  • サンゴマップとは

    日本全国で海を訪れ、ダイビング、スノーケリング、グラスボート、磯歩き等を楽しんでいる皆さまを中心に、全国各地で観察したサンゴの分布や白化などについて情報提供していただき、その情報を元に日本全国の「サンゴマップ」を作成し、サンゴの状況を把握して共有するプロジェクトです。
    寄せられた情報はリアルタイムで、ニックネーム・観察日時・投稿写真とともにサンゴマップに表示されます。皆さまに登録していただいたデータは、データ確認ポリシーに基づき実行委員による確認を経た上で、科学的に活用されます。

    関連リンク